企業情報 沿革

時代とともに歩み、医薬創造で時代の声にこたえてきました。

1888年にガレヌス製剤の製造を開始して以来、新たな発想と確かな技術力で業績を拡大。開発力と提案力の向上を通して常に時代のニーズをリードし、医薬品製造の創造的パートナーとして、今日のポジションを確立しております。

1888年(明治21年) 初代岡野順了(医師)大阪市南区順慶町に岡野製薬所を設立する。
ガレヌス製剤の製造を始める。
1903年(明治36年) 2代目岡野松之助(製造業)事業を継ぐ。
大阪製薬組合評議員
大阪薬種卸商組合副組合長に就任。
1938年(昭和13年) 3代目岡野道三(薬剤師)事業を継ぐ。
大阪府立高津中学校卒、大阪薬学専門学校卒
1943年(昭和18年) 東大阪市高井田本通3丁目に工場を創立。
陸軍衛生材料廠協力工場及び川崎重工業株式会社試験部協力工場となる。
1946年(昭和21年) 日本薬局方のガレヌス製剤及び家庭薬、殺虫剤、衛生薬品の製造を開始。
1967年(昭和42年) 株式会社大阪製薬工業研究所を設立。
医薬品、医薬部外品、防虫剤、洗剤、防臭剤の衛生薬品に専念する。
1977年(昭和52年) 株式会社大阪製薬と改名。
1988年(昭和63年) 創業100周年。
1994年(平成6年) 三重県上野市(現 伊賀市)に光工場新設。
1997年(平成9年) 光工場を改築し、医薬品製造開始
2001年(平成13年) 光工場再改築(GMP対応)
BACK